弁護士の報酬金

交渉が成立し、見事に慰謝料や示談金が支払われた場合、弁護士に報酬金を支払います。交通事故の弁護士費用だけでなく、弁護士の報酬金は一般的に、報酬の10%を支払います。例えば、300万の慰謝料をもらう事になった場合は30万の支払いが発生します。事故の慰謝料や示談金は100万未満の事が多く、50万であれば5万など割とこれだけを見ると報酬は低いと感じます。しかし着手金にもよりますが、その支払いを考えると、損か得かは、その事故や、後遺症や怪我の状態によっても変わってくるでしょう。

またこれは一般的にスムーズにいった場合の金額でそのあとに中間報酬や成功報酬、または裁判になった時の費用などいろいろなものが発生してきて、気付いたら大きな額になってしまったという人も少なくありません。ある程度慰謝料金額を、最初の弁護士との相談の際に見越して、これくらいの金額がもらえそうとわかった段階で踏み込んでも遅くはありません。

またこの報酬をもらうために、事故に遭った際には、警察にもしっかりと話をし、さらに検査をして診断書の提示をする必要になります。ある程度泣き寝入りはせず、警察にも病院にも自己主張をして、弁護士が言う金額をしっかりともらえるように、自分でも努力は必要です。

交渉の着手金

弁護士にかかる費用は、それぞれの弁護士が自由に設定することができ、ピンからキリまであります。あくまでも目安になりますが、ここまでかからないのも現実にあります。

実際に事故の示談交渉はたいへんな案件も少なく、たいがいがこちら側が提示した額で決まる事が多いです。そうなると裁判に持ち込むこともありませんし、ある程度の資料がそろえば、それだけで交渉にうつる事ができますので、そういった意味であくまでも目安にはなりますが、これくらいの費用がかかるという事で弁護士にお願いするというものです。

まず、弁護士に依頼するという事を決めた際には、最初に着手金、というのがかかります。これは弁護士の初動の活動費になります。だいたい着手金は10万円から20万円になります。この10万円の差は何かと言われると、弁護士の決めた金額、弁護士の動きや事故の大きさなどで変わってきます。大きな金額になりますが、これを支払ってからの依頼受注になります。

受注するまでに相手との交渉するための資料を作って送付した料金や、実費としてかかったお金は別に支払い請求が来ます。印紙代や切手代など細かいものばかりですが、地味に貯まると大きな金額になります。

交通事故交渉

交通事故に遭いその慰謝料に関する問題が解決しない場合は弁護士に相談をすることがあります。そうした方が、自分が傷つかなくて済むこともあり、さらにスムーズに、自分が思っている額の慰謝料や示談金に向けて話が進むことがあります。慰謝料や示談に関して、たくさん難しい資料をそろえなければならない事もあり、割と不自由な思いをする人も少なくありません。そうなってくると、弁護士や司法書士にお願いし、解決してもらった方が、メンタルが弱くならずに済みます。

しかし弁護士に依頼するという事は、弁護士費用が発生するという事です。簡単に言えば、弁護士費用は、司法書士費用よりも高く、そして何回に分けて報酬を払わなければならないというイメージがあります。実費ももちろん支払います。事故に遭い、傷つき、体の自由が利かず、それでさらにその慰謝料や示談金をもらうのに、弁護士に支払わなければならないなんて、何重の苦しみなのだと思いがちですが、弁護士によっては、そこまで高くなく、親切に対応してくれるところもあります。

しかし多くの弁護士は、それなりの報酬の支払いを請求してくるところです。まったく優しい金額を請求してくるのは、法テラスくらいでしょうか。
だいたい、交通事故での弁護士費用はどれくらいの相場で行われているのか、どれくらい支払わないと、戦う事ができないのか、またどういった段階で弁護士に依頼するのかを説明していきます。