弁護士の報酬金

交渉が成立し、見事に慰謝料や示談金が支払われた場合、弁護士に報酬金を支払います。交通事故の弁護士費用だけでなく、弁護士の報酬金は一般的に、報酬の10%を支払います。例えば、300万の慰謝料をもらう事になった場合は30万の支払いが発生します。事故の慰謝料や示談金は100万未満の事が多く、50万であれば5万など割とこれだけを見ると報酬は低いと感じます。しかし着手金にもよりますが、その支払いを考えると、損か得かは、その事故や、後遺症や怪我の状態によっても変わってくるでしょう。

またこれは一般的にスムーズにいった場合の金額でそのあとに中間報酬や成功報酬、または裁判になった時の費用などいろいろなものが発生してきて、気付いたら大きな額になってしまったという人も少なくありません。ある程度慰謝料金額を、最初の弁護士との相談の際に見越して、これくらいの金額がもらえそうとわかった段階で踏み込んでも遅くはありません。

またこの報酬をもらうために、事故に遭った際には、警察にもしっかりと話をし、さらに検査をして診断書の提示をする必要になります。ある程度泣き寝入りはせず、警察にも病院にも自己主張をして、弁護士が言う金額をしっかりともらえるように、自分でも努力は必要です。